網入りガラスで家の防火性能を高める!メリット・デメリットや交換にかかる費用を解説

網入りガラスで家の防火性能を高める!メリット・デメリットや交換にかかる費用を解説

網入りガラスは、家事の延焼を防ぐ防火設備用のガラスです。

通常のガラスは炎に晒されると、意外と簡単に割れてしまいますが、網入りガラスは熱に強く、万が一割れてもバラバラに飛び散りにくい性質があります。

今回は網入りガラスのメリットやデメリット、交換するときにかかる費用について解説します。

網入りガラスとは

網入りガラスとは、ガラスの中に金網(ワイヤー)が入ったガラスを指します。

熱で割れてもバラバラに飛び散りにくい性質があり、火災時にガラス破片の飛散防止を目的としています。

「網入りガラス」の他にも、線入りガラス、ワイヤー入りガラス、防火設備用ガラスなどさまざまな呼称があります。

「磨(みがき)」と「霞(かすみ)」

ガラスにはガラス表面の風合いの違いによって磨(みがき)と霞(かすみ)に分けられます。

磨は製造時にガラス表面を磨いていて透明にしており、フロストガラスとも呼ばれます。

一方の霞は珪砂(けいしゃ)と呼ばれる砂で表面を擦って、ツヤを消し不透明にしたガラスです。

表面がザラザラとしており、すりガラスとも呼ばれます。

磨はガラスを磨くひと手間がかかっているため、霞よりも価格が高めです。

防犯ガラスとの違い

網入りガラスはワイヤーが入っていることから防犯用と思われがちですが、決して防犯目的のガラスではありません。

網が入っていることで割れても破片が飛散することはありませんが、強度は普通のガラスと同程度です。

網入りガラスが使用される建物・部屋

網入りガラスは火を取り扱う飲食店、ガソリンスタンドなどでは、消防法の定めにより必ず導入しなければなりません。

さらに、建築基準法が定めている「防火地域」や「準防火地域」に該当する地域は、建物の種類を問わず網入りガラスの導入が必須です。

網入りガラスのメリット

網入りガラスには以下のようなメリットがあります。

  • ガラスの飛散を防止して怪我のリスクを減らす
  • 防火性・耐火性にも優れる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

ガラスの飛散を防止して怪我のリスクを減らす

網入りガラスの強度は通常のガラスと同程度ですが、内部にワイヤーが入っているため、火災や強風等でガラスが割れたとしても破片が悲惨しません。

通常のガラスに比べて、ガラスの破片による怪我のリスクを大きく減らすことができます。

防火性・耐火性にも優れる

網入りガラスは防火性・耐火性にも優れるガラスです。

通常のガラスが炎に晒されると1分ほどで割れてしまいますが、網入りガラスは20分以上も炎に耐え得ると言われています。

網入りガラスのデメリット

網入りガラスのデメリットは以下のとおりです。

  • 熱割れしやすい
  • 防犯性能はない

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

熱割れしやすい

熱割れとは、日光によってガラスの表面の温度差による歪みによって割れを起こす現象のことです。

網入りガラスは内部に金属製のワイヤーが入っているためガラスに温度差が生じやすく、熱割れを起こしやすい性質があります。

防犯性能はない

網入りガラスは見た目に防犯性が高そうですが、強度は通常のガラスとほとんど変わりません。

防犯対策になる窓ガラスに交換したい場合は、防犯ガラスを選びましょう。

網入りガラスに交換する場合にかかる費用

網入りガラスの交換・リフォームにかかる費用は、ガラス本体価格と施工費用の合計で5万円~10万円が相場です。

ここでは、網入りガラスの価格の相場、および通常のガラスを網入りガラスに交換する費用について解説します。

網入りガラスの価格の相場

網入りガラスの本体価格の相場は以下のとおりです。

ガラスの種類 90cm × 90cm 90cm × 180cm
磨ガラス 15,000円~20,000円 20,000円~30,000円
霞ガラス 5,000円~15,000円 10,000円~20,000円
ペアガラス 20,000円~35,000円 45,000円~50,000円

ペアガラスは高い断熱性や結露防止などを備えており、他の種類のガラスと比べると2万円~3万円ほど高くなっています。

網入りガラスに交換する施工費用

ガラスの交換費用はガラスの本体価格に加え、サッシの価格、施工費、出張費、廃材処分費などさまざまな項目が含まれます。

網入りガラスに交換する施工費用をリフォーム方法ごとにまとめると、以下のようになります。

リフォーム方法 施工費用
ガラスのみ交換 10,000円~20,000円
ガラス+サッシを交換 20,000円~40,000円
カバー工法で交換 15,000円~30,000円

カバー工法とは、既存のサッシの上から新しいサッシを被せる​工法のことです。

既存のガラスを取り外して処分する場合は、廃材処分費として5,000円~10,000円がかかります。

まとめ

網入りガラスの特徴や、交換にかかる費用について解説しました。

あくまで耐火性に優れた窓ガラスであって防犯性能がないことを理解した上で、網入りガラスへの交換を検討しましょう。

最安価格で外壁・屋根塗装を見積もり

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法 塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

内装 床カテゴリの最新記事