床暖房のリフォーム費用の相場を解説!電気式と温水式の特徴やメリット・デメリットも解説

床暖房のリフォーム費用の相場を解説!電気式と温水式の特徴やメリット・デメリットも解説

冬場の暖房器具といえば、エアコンや石油ファンヒーターなどがありますが、昨今はオール電化住宅やZEH(ゼッチ)が注目されていることもあり、床暖房の人気が高まっています。

床暖房には「電気式」と「温水式」の2種類があり、リフォームの費用だけでなく、ランニングコストにも大きな違いがあります。

今回は、床暖房のリフォーム費用について、「電気式」と「温水式」の特徴やメリット・デメリットと併せて解説します。

参考記事:zeh(ゼッチ)とは?zeh住宅の意味や仕組みを分かりやすく解説

床暖房は大きく分けて2種類

床暖房には、大きく分けて「電気式」と「温水式」の2種類があります。

それぞれの仕組みやメリット・デメリットは以下の通りです。

電気ヒーター 温水式
仕組み 床下に電熱線を組み込んだパネルを設置、通電により床面を暖める。 床に専用のパイプを通し、ガスや電気などで温めたお湯を循環させて床面を暖める。
メリット
  • 工事がシンプルで設置費用が安く抑えられる
  • ランニングコストがやや高い
  • 狭い部屋をピンポイントで暖めるのに向く
  • ランニングコストが安い
  • 電源を入れてから暖まるまでが早い
  • 広い部屋を均一に暖めるのに向く
デメリット
  • ランニングコストがやや高い
  • 電源を入れてから暖まるまで時間がかかる
  • 長時間寝転んでいると低温やけどのリスクがある
  • 電気式に比べて設置費用が高い
  • 温水パネルの設置やパイプの配管など施工に時間がかかる

床暖房を電気式と温水式のどちらにリフォームするかは、「設置費用」と「ランニングコスト」がポイントとなるでしょう。

電気式は床下にパネルを設置するだけなので初期費用が安く、施工も1日で終わりますが、月々の光熱費は高くなります。

一方で、温水式は床下パイプの配管や給湯器の工事が必要となるため、施工に2~3日かかり、初期費用も高くなりますが、月々の光熱費は安く抑えられます。

他にも、どの部屋に設定するか(広さ、用途)、1日あたり何時間くらい使用するかで選びましょう。

床暖房のリフォーム費用の相場

床暖房は、戸建て住宅の場合で8~20畳ほどの広さの部屋に設置するケースが多いです。

ここでは、床暖房の「電気式」と「温水式」について、リフォーム費用の相場をご紹介します。

電気式床暖房にリフォーム

電気式床暖房は、温水式のように給湯器が必要ないため、設置費用は6~10万円/畳です。

さらに「PTCヒーター式」「電熱線ヒーター式」「蓄熱式」などの方式に分けられます。

「PTCヒーター式」は、PTCと呼ばれる、床の温度に合わせて電気抵抗が変化する発熱体により、無駄な電力を抑えます。施工費用、ランニングコストともに費用が抑えられ、電気式床暖房でもっとも人気です。

「電熱線ヒーター式」は、床下に暖房パネルを設置するだけなので、他に比べて初期費用は安く抑えられますが、消費電力が大きいため、長時間利用すると電気代が高くなります。

「蓄熱式」は、割安な夜間電力で蓄熱材を暖め、電気代の高い日中に蓄熱材の熱を放熱して床を暖めます。初期費用は最低でも100万円以上かかりますが、ランニングコストは他と比べて安く抑えられます。

温水式床暖房にリフォーム

温水式床暖房は電気式床暖房に比べると初期費用が高めで、設置費用は8~12万円/畳+給湯器の設置が30万~50万円です。

また、温水式は「電気温水床暖房」と「ガス温水床暖房」に分けられます。

電気温水床暖房は、空気の熱を冷暖房に有効活用する「エコキュート」で効率的にお湯を温めます。オール電化住宅との相性が抜群で、光熱費を安く抑えられます。ただし、20A~30A に電気容量を増やす必要があるため、暖房を使わない季節も基本料金が上がってしまいます。

ガス温水床暖房は、ガスを使用してお湯を暖めるため、電気温水床暖房のように契約電力を変える必要がありません。ガスの高効率給湯器「エコジョーズ」なら、設置費用もエコキュートの半額程度で済みます。

床暖房のリフォーム費用を安くするポイント

床暖房のリフォームは、電気式とガス式のどちらにするか、設置する部屋の広さ、さらには施工業者によっても変わります。

リフォームの費用を安く抑えるためには、複数の施工御者に見積もりを依頼して、「比較検討」をすることです。

さらに、床暖房のリフォームには、50万円~100万円ほどの費用がかかりますが、補助金や税制優遇の対象となっている自治体もあります。

床暖房は「省エネルギー改修工事」に含まれ、一戸建て住宅や集合住宅で、断熱リフォームを行った場合に適用される場合があります。

補助金や税制優遇制度は、リフォーム実施前の申請が必須となりますので、床暖房のリフォームを検討する際、施工業者に相談してみると良いでしょう。

まとめ

床暖房のリフォーム費用は、電気式・温水式それぞれの特徴を知り、自宅に合った暖房方法を選べば、初期費用・ランニングコストを安く抑えることができます。

電気・温水式の特徴や違い、注意点を把握した上で、施工実績の豊富で、希望に沿ったプランを提案してくれるリフォーム会社を選びましょう。

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法

塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

内装 床カテゴリの最新記事