二重床と二重天井のメリット・デメリットとは?直床と直天井との比較も解説

二重床と二重天井のメリット・デメリットとは?直床と直天井との比較も解説

2000年に「住宅品質確保促進法(品確法)」という法律が施行されて以降、二重床・二重天井を採用したマンションが増えています。

マンションの購入を検討されている方で、遮音性や断熱性、将来のリノベーションのしやすさを重視される場合は、二重床・二重天井の物件がおすすめです。

今回は、二重床と二重天井のそれぞれのメリット・デメリット、および二重床と直床、二重天井と直天井との比較を解説していきます。

二重床とは

「二重床」とは、床スラブと呼ばれるコンクリートの構造床の上に専用の支持ボルトを立て、その上に下地材を置いて、フローリングなどで床仕上げをした構造の床を指します。

床スラブとフローリングの間には空間があり、給排水管やガス管などが通されています。また、床の下地を支える支持ボルトに防振ゴムを付けることで、床材の安定性を確保しています。

二重床のメリット

二重床は床スラブとフローリングの間に空間があるため、直床よりも防音性・遮音性に優れ、階下に生活音が響きにくい構造となっています。

さらに、二重床の床に点検口を設ければ、配管のメンテナンスがしやすく、なおかつ自由に移動させることも可能です。

リノベーションで水回りの移動が必要になっても比較的簡単に施工できるため、将来的にリノベーションを予定している場合は二重床の物件がおすすめです。

一方、直床は直天井仕上げの場合、照明器具の配線などは天井のコンクリートスラブに打ち込まれることになります。この方法だと、「照明器具の位置をずらしたい」「照明器具を増やしたい」という希望が出ても、変更が難しくなります。

二重床のデメリット

二重床のデメリットは、直床から二重床に変更するときに床の高さが上がってしまうことです。

既存の床の上に支持ボルトと下地材、フローリング分がかさ上げされるため、結果的に天井が低い部屋になってしまいます。

さらに、専用の支持ボルトと下地材になる合板などの材料費がかかるため、リノベーションの費用が高くなりがちな点もデメリットと言えます。

二重床と直床の比較

二重床に対し、床スラブの上に直接フローリングなどで床仕上げをした構造の床を「直(じか)床」と言います。

一般的なマンションなどに使用されているフローリングの直床は二重床に比べて遮音性が低くなりますが、遮音性能の高いフローリングを使用すれば、二重床にも劣らない遮音性を確保できます。

ただし、リノベーションのしやすさに関しては、二重床に及びません。

直床の場合は簡単に配管を移動することができないため、キッチンや洗面所などの水回りを変更するようなリノベーションは難しくなります。

二重天井とは

「二重天井」とは、天井スラブから吊り金具などで下地枠を吊り下げ、その下地枠に天井ボードを貼り付けて仕上げた天井の構造を指します。

天井スラブと天井ボードの間には空間があり、そこに照明器具の配線や水回りに付いている換気扇のダクトなどが通されます。また、天井の下地枠の吊り金具に防振ゴムを付けたり、天井裏の空間に断熱材を敷き詰めたりして有効活用できます。

二重天井のメリット

二重天井は照明器具の配線やダクトが天井裏の空間に隠れています。そのため、二重床の場合と同じように配線やダクトの移動が簡単で、間取り変更のリノベーションが容易になり、なおかつ費用も抑えることができます。

さらに、天井裏の空間が有効利用できるため、断熱材を敷き詰めて遮音性や断熱性の向上に期待できます。

二重天井のデメリット

二重天井のデメリットは、直天井から二重天井に変えるためのリフォームの費用がかさむことです。また、天井に空間をつくる分、天井の低い部屋になってしまいます。

二重天井と直天井の比較

二重天井に対し、天井スラブの下に直接天井ボードを置き、仕上げ材を貼って仕上げた構造の天井を「直(じか)天井」と言います。

直天井の場合は、天井スラブのコンクリートに空けた穴に配管や配線を通したり、ダクト用に下がり天井を作ったりしているため、天井面に凹凸があります。

また、配管やダクトを自由に移動させることができないため、二重天井に比べて水回りを移動するような大がかりなリノベーションに手間と費用がかかります。

すっきりとした天井を求める方、将来的に水回りの大がかりなリノベーションを検討されている方は、二重天井の物件がおすすめです。

まとめ

二重床と二重天井のメリット・デメリット、直床と直天井との比較を解説しました。

いずれも遮音性や断熱性の高さ、リノベーションのしやすさという点で二重床、二重天井が優れた構造と言えます。

空間の遮音性を気にされる方や、将来的に大がかりなリノベーションを計画されている方は、マンションが二重床か、もしくは二重天井かを確認しましょう。

火災保険を申請したことない方必見!

保険金が下りなかった場合や、調査の結果申請箇所が見つからなかった場合でも、料金は0円


四季彩ホームは、お家の火災保険申請をサポートしてもらい、保険金を受給していただき、その保険金を使って修理工事をする目的とした会社です。

内装 床カテゴリの最新記事