【屋根】カバー工法のデメリットを包み隠さずお話します

【屋根】カバー工法のデメリットを包み隠さずお話します

屋根のカバー工法とは?

屋根のカバー工法とは、一言でいえば既存の屋根材の上に新規の屋根材を重ね張りする改修方法です。他に「重ね葺き」「被せ張り」などとも言われます。

化粧スレート屋根の改修工事では、今やカバー工法がもっともポピュラーになりました。住宅会社やリフォーム会社にスレート屋根の改修工事を依頼すると、カバー工法による改修を奨められるケースが多いと思います。しかし、「カバー工法にはデメリットがないのか?」どうかが気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、屋根のカバー工法について、メリットとデメリットの両面を解説したいと思います。

1. カバー工法のメリットとは?

近年では化粧スレート(コロニアルまたはカラーベスト)屋根の上に金属屋根やアスファルトシングルを重ね張りするリフォームが増えています。多くのリフォーム会社が屋根工事のリフォームの際に、カバー工法を推奨しているためです。その背景としては、第一に住宅の屋根に化粧スレートが普及したことがあります。

化粧スレート屋根は、それまで日本の住宅の屋根材の主流だった瓦に代わって、30年程前から急速に普及しました。軽量で安価、施工がしやすく対応できる業者も多いので、住宅会社が積極的に採用するようになったためです。また色も豊富で洋風の外観にも合うので、洋風住宅の人気と共にたちまち屋根材の主流になりました。

しかし、当時の化粧スレート屋根は、色あせや塗膜の劣化による美観の低下が比較的早い時期から目立つようになるため、約10年ごとに再塗装が必要でした。そして30年が経過すると、塗装工事で改修するのは難しくなり、葺き替えが必要になるケースが多かったのです。現在、ちょうどこの時期を迎える家が数多く見られます。

葺き替えには既存の屋根材を剥がす手間代や、剥がした屋根材を処分する費用もかかるので、当然工事費が膨らんでしまいます。また、初期の化粧スレートには人体への有害物質であるアスベストを含んでいるため、その撤去や処分の方法も法律で規制されていて、工事費も割高になります。

このような中で、化粧スレート屋根の改修方法の一つとして生まれたのがカバー工法なのです。

カバー工法の最大のメリットはコストの削減にありますが、他にも工期の短縮や、既存屋根材撤去時の近隣へのアスベストの飛散防止工事中の雨養生の面などでメリットがあります。注文主のみでなく、施工者にもメリットが多い工法なのです。

また、屋根が二重になるので、結果的に屋根の雨漏り対策にもなるでしょう。ただし、万一雨漏りが発生した場合には、その原因特定がより難しくなるというデメリットにもなるので、注文主にとっては「諸刃の剣」になる事を留意しておく必要があります。

2. カバー工法にデメリットはないの?

一般の方にはメリットばかりが伝えられるカバー工法ですが、他にデメリットはないのでしょうか?カバー工法のデメリットについても少しお伝えしておきたいと思います。

1. 屋根が重くなる

一番のデメリットは屋根が重くなることです。重ね張りする屋根材は、軽量であることがひとつの条件になります。屋根が重くなると、基礎や主要構造部に負担がかかり、建物の耐震性能を損ねることになるためです。また建物の重心が高くなるので、地震の際の揺れが大きくなります。

カバー工法に適した屋根材には、金属屋根やアスファルトシングルなどがありますが、いずれの場合でも現状よりも屋根が重くなることに変わりありません。瓦屋根ほどの重さにはなりませんが、耐震性の面では現状よりも多少不利になるのは否めない事を理解しておく必要があります。

また、既存の化粧スレートの上に化粧スレートを重ね葺きすると、メーカー保証が受けられなくなるので注意が必要です。(下地材の段差が3mm以上あると割れやすくなるというのが理由です。)

2. 既存の屋根材による不具合

二番目のデメリットは、既存の屋根材を撤去しない事により不具合が生じる可能性があることです。

古い化粧スレートは、多少の水分を含んでいると考えられます。またスレート屋根の重ね部分には、雨水が滞留している事もあります。それらを新しい屋根材で覆ってしまうため、水分まで中に閉じ込めてしまう事になります。湿気がこもり、最悪の場合屋根の下地材(野地板)まで腐食してしまう事にもなりかねません。

3. 心理的な嫌悪感

三つめのデメリットは、心理的な嫌悪感が残るかもしれないということです。
いくら表面が綺麗になっても、その下には古くなった以前の屋根が残っているのを気にする方もいらっしゃると思います。また、有害なアスベストを含んだものが家の一部に残っているのが嫌だという方も多いでしょう。これらの事を気にする方にとっては、既存の屋根を撤去しない事自体が最大のデメリットになります。

4. 火災保険が使えなくなる可能性もある

他には、保険会社の火災保険が使えないことも挙げられます。火災保険に付帯している「風災・雹災・雪災」補償を申請すると、突風や強風、雹、積雪によって損害を受けた場合には補償を受ける事ができます。しかし、カバー工法で修理した屋根は、火災保険が使えなくなる可能性が高くなります。たとえ保険の対象となる工事だったとしても、保険会社から保険金が支払われるのは「原状回復」や「被災部位の修繕」に限られるためです。現状と異なる屋根材にすると、原状回復とは認められない可能性が高いでしょう。(保険会社への事前の相談が必要です。)

このようにカバー工法にもデメリットがあります。カバー工法を推奨している会社からはなかなか教えてもらえないことなので、ご自分でメリットとデメリットをよく検討し、くれぐれも業者の言いなりにならないようにしてほしいですね。

3. カバー工法の種類

屋根のカバー工法には、既存の屋根の劣化具合に応じて2つの工法があります。
一つは既存屋根の上に、直接下葺き材(アスファルトルーフィング)と屋根材を葺く方法です。既存屋根の傷みが少なく、下地として十分に機能している場合はこの方法で施工します。

二つめは既存屋根の上に、野地板、下葺き材と屋根材を葺く方法です。既存屋根に劣化が見られる場合に採用します。通常は工事費用と工期を抑えられるひとつめの方法で施工します。また既存屋根の傷みがひどく、下地として機能しない場合には、古い屋根材を撤去して葺き替えを行うしかありません。現状をよく確認して最適な施工方法を選択する必要があります。

4. まとめ

カバー工法のメリットとデメリットについて解説してきましたが、結局カバー工法と葺き替えではどちらの方法が良いのでしょうか?

カバー工法のの長所、短所はご説明してきた通りですが、建築の専門家の立場からすると私は「葺き替え」をお奨めしたいと思います。建物の安全性や耐久性を重視した場合には、カバー工法のデメリットは無視できないためです。

しかし、屋根工事の費用はとても高額になります。葺き替えになると、比較的小規模な家でも軽く100万円は超えてしまいます。少しでもコストを軽減したいという方にとっては、カバー工法で削減できるコストは決して少なくないはずです。

コストや工期、アスベスト対策、工事中の雨対策、保険の問題などを総合的に判断して、あなたにとってベストな方法を選択してください。

 

▼関連記事

【屋根】カバー工法と葺き替えの違いとは 結局のところどちらを選ぶべきなのか

 

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法

塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

屋根カテゴリの最新記事