屋根塗装はDIYと業者に依頼ではどっちがお得?費用を抑えるためのポイントを解説

屋根塗装はDIYと業者に依頼ではどっちがお得?費用を抑えるためのポイントを解説

お得に屋根塗装をするなら、DIYと業者に依頼のどちらを選べば良いのでしょうか?

結論を言うと、DIYで屋根塗装をしたほうが費用自体は抑えられます。ただし、専門的な技術を持たない素人による屋根塗装は1ヶ月以上の期間がかかるほか、高所での作業となるため非常に危険です。

このことを踏まえた上で、「DIYでやる場合」と「専門業者に依頼した場合」とで、屋根塗装の費用を比較していきましょう。

屋根塗装をDIYでする場合にかかる費用

屋根塗装をDIYでする場合、20万円~30万円が費用の目安となります。

費用の内訳はおもに「屋根塗装に必要な道具を揃える費用」と「足場の組み立てを業者に依頼する費用」です。

それぞれの費用の内訳について、詳しく見ていきましょう。

屋根塗装に必要な道具を揃える費用

屋根塗装に必要な道具は、ホームセンターや通販サイトで購入できます。それぞれの価格の目安を表にまとめました。

必要な塗料・道具 価格の目安
高圧洗浄機 10,000円~30,000円
ヤスリ・サンダー 1,000円~10,000円
コーキング・シーリング材 500円~1,000円
マスカー 300円/550×25m
シーラー(下塗り用塗料) 6,000円~8,000円/5L(1回塗り)
上塗り用塗料 13,500円~15,000円/10L(2回塗り)
ローラー 500円~10,000円
ハケ 500円~10,000円
タスペーサー
(カッター・コテでも代用可)
7,500円~10,000円/500個入
作業用ヘルメット 3,000円~7,000円
安全帯 6,000円~15,000円
滑り止め付き安全靴 3,500円~10,000円

この他にも、汚れても差し支えない服、軍手やゴム手袋、タオル等を準備すると良いでしょう。道具を一式揃えると、平均で5万円~10万円ほどの費用がかかります。

足場の組み立てを業者に依頼する費用

屋根塗装をするためには、屋根の上に登る必要があります。ただし、はしごは不安定で落下事故のリスクが非常に高いため、絶対に使わないようにしましょう。

DIYで屋根を塗装する場合でも、足場を組んで屋根に上ることをおすすめします。

ただし、足場の組み立てには「足場の組立て等作業主任者」という国家資格が必要です。素人が見様見真似で組み立てた足場での作業は、倒壊や落下のリスクがあります。安全に作業するためにも、足場の組み立ては専門業者に依頼しましょう。

足場の組み立てを専門業者に依頼した場合の費用は、1㎡あたり600円~1500円が目安です。一般的な2階建ての戸建住宅であれば、足場代として15万円~20万円かかります。

屋根塗装を専門業者に依頼した場合にかかる費用

屋根塗装を専門業者に依頼した場合、足場の組み立て費用込みで40万円~60万円が相場です。

ただし、費用は以下の要素で変動します。

屋根塗装の費用が変動する要素

  • 塗装する屋根面積の広さ
  • 使用する塗料の種類
  • 屋根の劣化状態

実際に見積りをとってみたら、相場価格よりも高くなる、あるいは安くなる場合があります。

専門業者を探すポイント

屋根塗装に限らず、選んだ業者によってリフォーム費用に10万円もの差額が生じる場合があります。

格安な費用で請け負ってくれる業者が見つかったからと言って、必ずしも納得のいく屋根塗装ができるとは限りません。

専門業者は、以下のポイントを押さえて選びましょう。

  • アフターフォローや保証内容を確認する
  • 業者のホームページでは施工事例やお客様の声を参考にする
  • 営業スタッフや塗装職人の顔が見えるか
  • 必要な資格や許可を取得しているか確認する

厳選した専門業者の中から納得のいく1社を見極めるには、「相見積もり」が必須です。次項では屋根塗装の費用を抑えるポイントについて解説します。

屋根塗装の費用を抑えるポイント

「相見積もり」とは、複数の専門業者から見積もりを取り、見積書に記載の工事内容や費用を比較検討する作業です。

見積書では以下のポイントを確認しましょう。

  • 現地調査の診断書があるか
  • 使用される塗料の具体的な商品名はあるか
  • 工程に関する記載があるか
  • 保証内容および免責事項
  • 諸経費の金額の内訳

見積書の単価や数量に関して、詳細を記載せずに「屋根塗装一式」でまとめられている場合は注意が必要です。

良い見積書は、屋根の面積や施主の要望から、材料の名称・品番・単価・数量・金額などの詳細を記載しています。

「一式」でまとめられている場合は、必ず詳細を確認しましょう。

まとめ

屋根塗装をDIYでする場合、必ずしも専門業者に依頼する場合と比べて費用がはるかに安くなるわけではありません。むしろケガのリスクや時間的コストなどを考えると、屋根塗装は専門業者に依頼したほうが結果的にお得です。

プロヌリは、屋根塗装の費用を見積もり比較ができます。塗装専門アドバイザーがご相談を承っているので、ぜひご活用ください。

大切なお家の建物診断と予防修繕について

自然災害による被害…被害が広がる前に 建物診断をご活用ください


大切な建物をプロの目で診断し、修繕が必要な個所を報告。 被害が広がる前に早期の予防修繕をおこない、 安全性を提供するのが建物診断です。 台風や雪による傷みはないか、外の傷みが室内に影響してはいないか、 屋根に雨漏りの危険性はないのか、など提携施工会社がこれまでに 培った経験と技術力をもとにチェックいたします。

屋根カテゴリの最新記事