【外壁】修理・補修の方法と費用相場を理解して見積書に強くなる!

【外壁】修理・補修の方法と費用相場を理解して見積書に強くなる!

外壁は10年ごとの修理や補修が必要

家はあなたの家族や財産を守ってくれる大切な存在です。しかし、普段からその家のことを気にかけて、異変がないかと目を光らせている人がどれほどいらっしゃるでしょうか。

普段は忘れているけれど、何気なく外壁に「ひび割れ」や「塗装剥がれ」を見つけて愕然とする。この記事を読まれている方は、あるいはそういう経験をされたのかもしれません。

どれほど優秀な職人が、どれほど良い材料で施工したとしても、年を経るほどに外壁は劣化します。一般に10年ごとにメンテナンスが必要とされています。

十年一日です。あっという間です。備えあれば憂いなしと言いますが、異変が起きてからあわてるより、あらかじめ計画を立てて、余裕をもったメンテナンスを心掛けてください。

小さなひび割れか。深刻な雨漏りか。症状によって、補修で済むか、大規模な修理が必要か、対処の仕方が違ってきます。まずは、メンテナンスの方法ごとの費用相場を把握して、悪い業者にだまされないようにするだけでなく、適切な時期に適切な価格でメンテナンスを行って、結果的に家も家族もお財布も得するようにしたいですね。

相場を理解することで、「見ても分からないんだよな」といった、見積書に対する苦手意識も払しょくできると思います。

部分修理・補修

それでは早速、外壁の修理費の相場について確認していきましょう。まずは特定の箇所のみ補修が必要な部分修理について説明します。

ひび割れ

モルタル外壁に多い劣化症状のひとつが下地のクラックと、それに伴う塗装のひび割れです。防水機能の低下を招き、雨水が侵入しやすくなり、結果として内部の鉄筋や木材の劣化が進みます。

ひび割れの幅にもよりますが、微細なものであれば、コーキング材をひび割れに塗り込み、塗装をすることで補修が可能です。ひびが大きく目立つ場合は、一度外壁を剥がしてから再度モルタルを塗り直すといった工事が必要になります。修理内容にもよりますが、外壁のひび割れの修理費用の相場は、数万~10万円前後になることが多いようです。

シーリング(コーキング)の修理

サイディングボードなどのつなぎ目に使用されるシーリング(コーキング)は、外壁材より早めに劣化する場合がほとんどです。劣化が進行するとひび割れや剥離といった症状が現れます。このような状態で放置しておくと、サイディングボードの裏に雨水が侵入し、シロアリの発生や腐食の原因にもなります。

シーリングの修理は業者に依頼するか、あるいは自分で行うことも可能です。DIYで行う場合はシーリング材、コーキングガン、マスキングテープ、ヘラ等を揃える必要があります。

シーリング材1本の平均価格は1,000円前後で、1本で約3m分の目地に打つことができます。仮に長さ150mの目地部のシーリング補修を行うのであれば、60本前後のシーリング材が必要となります(シーリング材の用量によって本数は異なります)。シーリング材だけで6万円かかる計算です。その他コーキングガンなどの購入費用を加えると約7万円前後必要となります。

これを業者に依頼すると費用は跳ね上がります。業者の場合、使用するシーリング材の種類、施工する目地部の長さ、足場の有無、修理内容(打ち増し、打ち替え)によって総額は変わってきますし、人件費もかかります。先ほどと同じ設定で比較すると、足場代込みで2~30万円かかるとお考えください。

高圧洗浄

特に梅雨の時期になると、外壁にカビ、コケ、藻などが発生している住宅をよく見かけます。これらは、早急な対処が必要というほどではありませんが、耐久性は徐々に劣化しますし、何より見た目を気にする方が多いですね。これらを除去するには、高圧洗浄を用いるのが一般的です。

高圧洗浄を依頼した場合の費用は、1㎡あたり100~300円が相場とされています。また洗浄に伴って足場、養生、飛散防止ネットなどが必要となるケースもあり、その場合別途費用がかかります。それでも、他の部分修理と比較すると比較的安価に収まるケースが多く、2~5万円前後で施工することができます。

サビ取り・サビ止め

サビは主に金属製サイディングにおいて見られやすい症状です。金属製サイディングは、軽量というメリットがありますが、塗膜の剥がれによりサビが発生することがあります。進行すると外壁に穴が空いたり、防水性の低下といった深刻なデメリットをもたらすため、定期的な修理、補修が必要となります。

サビが出た場合の修理方法ですが、基本的に鉄系に見られる赤さびは小さなものであればワイヤーブラシで綺麗に取り除くことができます。また、アルミに発生する白い斑点状のサビは、ヤスリなどを使用して落としていくのがおすすめです。

サビが進行し、これらの道具では対処できない場合は、サビのついた部分のみを交換することになります。

サビを落としたら、サビ止め塗料を塗布し、その上から再塗装をするのが一般的です。

サビ止め塗料は1㎡あたり600円前後が相場となります。外壁全体のサビ取り及びサビ止め作業を行うのであれば、1万~10万円が相場です。業者や修理範囲、内容によって変わってくるため、複数の業者から見積りを取るようにしましょう。

外壁からの雨漏り

外壁から雨水が侵入する原因の一つに雨仕舞の破損が挙げられます。雨仕舞とは建物の内部に雨水が入らないようにする仕組みのことです。外壁で言えば塗装や外壁材だけでなく、防水紙や防水シートを用いてこれを行います。

何らかの理由でこれが破損すると雨漏りに悩まされることになります。雨漏りの対処はDIYでは難しく、専門業者に依頼することになるでしょう。この際にかかる費用は、雨漏りの原因、範囲、建物へのダメージによって変わってきます。

小さなひび割れやシーリングの劣化が原因であれば、前述のように10万円から30万円程度の工費で済みます。しかし、構造部分が雨水によって破損、劣化を起こしている場合、大規模なリフォームや修繕が必要となり、100万~300万円ほどかかることもあります。

全体的な修理・補修

続いて、外壁全体の修理が必要となるケースの費用相場を見ていきましょう。

部分修理と異なり、外壁全体をメンテナンスするため、費用相場も高くなる傾向にあります。部分修理の場合以上に、修理前に相場を把握しておく必要があります。

外壁塗装

外壁塗装の費用は住宅規模や使用する塗料の種類によって大きく変わります。そのため、同じような施工内容でも金額に開きが出るのが通常です。一般的な30坪、外壁面積120㎡の住宅の費用相場は50~80万円となります。

しかもこれは外壁塗装のみの金額で、これに屋根塗装が加わると60万円~120万円が相場となります。また、外壁塗装では塗料だけではなく足場、高圧洗浄、養生、飛散防止ネット、シーリング打ち、下地補修、シーラー、廃棄物やゴミ処理の費用などが発生します。下記は項目別に見た平米単価の相場となります。

項目 単価
足場 600円~1,000円/㎡
高圧洗浄 100円~300円/㎡
養生 300円~500円/㎡
飛散防止ネット 100円~200円/㎡
シーリング(打ち替え) 900円~1,200円/㎡
シーリング(打ち増し) 700円~900円/㎡
下塗り 600円~900円/㎡
アクリル系塗料 1,000円~1,200円/㎡
ウレタン系塗料 1,700円~2,200円/㎡
シリコン系塗料 2,500円~3,500円/㎡
フッ素系塗料 3,500円~4,500円/㎡
光触媒・無機塗料 5,000円~5,500円/㎡

使用する塗料によって金額が大きく変わっているのがお分かりいただけると思います。また、足場や高圧洗浄にも種類があり、グレードが上がるほど平米単価も上昇します。上記の表はあくまでも参考程度にとどめてください。

外壁の張替え

既存の外壁材を撤去し、新しい外壁材を張り付けるリフォーム方法が外壁の張替えです。一度骨組みの状態に戻し、下地を補修し、新しい外壁材を張り付けていきます。取り除いた外壁材の撤去にも費用がかかります。外壁修理の中では費用が最も高くなる傾向にあります。先ほどと同じ30坪、外壁面積120㎡の住宅で150~200万円が相場となります。費用の内訳及び平米単価は以下の通りです。

項目 単価
足場 600円~1,000円/㎡
既存外壁の撤去 800円~1,000円/㎡
シーリング打ち 900円~1,200円/㎡
※一式50,000円~100,000円で施工する業者もあり
窯業系サイディングボード 3,000円~5,000円/㎡
金属系サイディングボード 4,000円/㎡
木製サイディングボード 6,000円/㎡
樹脂サイディングボード 8,000円~10,000円/㎡

上記以外にも諸経費や人件費が上乗せされます。サイディングボード代もあくまで目安です。ただし、これらからかけ離れた金額を提示された場合、内訳について業者に質問するなり、他の業者にも見積りを依頼するようにしましょう。

外壁の重ね張り

外壁の重ね張りとは、既存の外壁材の上から新規のサイディングボードを張り付けるリフォーム方法です。既存外壁の解体及び撤去作業を必要としないため、張替えに比べると低価格で施工を行うことができます。

外壁の重ね張りの費用相場は100~200万円です。こちらも住宅規模や使用する外壁材、施工内容により費用相場は変わりますが、概ね張替えよりも30~50万円ほど安価で実施することができます。

外壁修理・補修で失敗しないポイント

外壁修理を業者に依頼する時は、必ず複数の業者から相見積を取るようにしましょう。同じ箇所、同じ施工内容でも、業者によって驚くほど金額が違う場合があります。複数の見積もりを見ることで、それだけでおおよその相場が分かりますし、内訳と作業工程を比較しつつ、担当者の態度から会社の姿勢をうかがい知ることもできるでしょう。

ぼったくりのような高額を提示してくる業者は論外ですが、逆に極端に安い金額を言ってくる業者にも注意が必要です。安かろう悪かろう、という場合もありますし、結果的に追加工事が必要となって、かえって高くついたという話も何度か耳にしたことがあります。

とはいえ、見積もり金額が安い業者を疑ってかかれということではもちろんありません。近頃の業者には、自社施工で中間マージンをカットして工費を安く抑えているところもあり、それは正当な企業努力ですから、理由を尋ねれば、きっとわかりやすい説明がかえってくると思います。

また、小さなひび割れなどの部分補修はDIYで行うことも可能ですが、雨水が建物内部に及んでいる可能性も無視できず、発見までに時間がかかった場合などは注意が必要です。

築年数が長い住宅の場合、一度専門業者に住宅診断をしてもらうことをおすすめします。正しい処置は症状を正しく知るところから始まります。

まとめ

これまで書いてきたように、外壁の修理にもさまざまな種類があり、業者や施工内容によって金額が変わってくることをご理解いただけただろうと思います。くどくなりますが、業者に工事を依頼する際は、くれぐれも複数の業者から相見積を取るようにしてください。正しい相場を理解しておけば、見積書を前にしても気後れすることはなくなるはずです。

家にもお財布にもやさしいリフォームで、今後もハッピーライフをお続けください。

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法

塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

外壁カテゴリの最新記事