ALC造ってどんな建物?メリット・デメリットやメンテナンスの方法を解説

ALC造ってどんな建物?メリット・デメリットやメンテナンスの方法を解説

「ALC造」や「鉄骨ALC」といった表記を見たことはありませんか?

ALCとは、耐火性や防火性、防音性にすぐれた壁材の一種です。

従来は高層ビルやマンションなどの大規模な建物に使用されることが多かったものの、最近では戸建ての住宅に採用されることも多くなっています。

今回はALCの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

ALC造とは

ALC造とはセメントや生石灰などを気泡加工し、軽量化した「気泡コンクリート」製の壁材を使った建物構造のことです。

ここではALC造の特徴やRC造との違いについて解説します。

ALC造の特徴

実際の建物では鉄骨を使って骨組みをつくり、まわりを「ALCパネル」という板状の壁材で囲います。

つまり、鉄骨のまわりの床や外壁、屋根などはALCが使われているため、「鉄骨造」の一部に含まれます。

ALCの特徴は軽量で強度があるため耐震性に優れ、高層マンションや地盤が弱い地域など、建物の重さを軽減したいときに使われます。

なお、ALCは「Autoclaved Lightweight Concrete」の略称で、マンションの物件情報等では「鉄骨ALC造」と記載されています。

ALC造とRC造の違い

ALC造は鉄骨のまわりにALCパネルを用いた建物構造と説明しましたが、鉄骨のまわりをコンクリートで囲った建物構造を「RC造」と言います。

ALC造とRC造の違いは、壁材がALCパネルか、コンクリートかの違いです。

なお、RC造はマンションの物件情報等で「鉄筋コンクリート造」と記載されることもあります。

ALC造のメリット

ALC造のメリットは以下のとおりです。

  • 耐火性・防火性が高い
  • 断熱性が高い
  • 防音性が高い
  • コンクリートより軽量

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

耐火性・防火性が高い

ALCの主原料は無機質のセメントや石灰石ですので、非常に燃えにくく熱が伝わりにくい性質があります。

隣家が火事になっても延焼を防ぐ役割を果たします。

しかも、ALCが燃えても有害物質は発生しないため、火事からの安全性がより高まります。

断熱性が高い

ALCは内部に気泡を数多く含む多孔質(たこうしつ)なので、この気泡が熱の伝わりを抑える性質があります。

したがって、ALCは断熱性が高く、室内の温度を一定に保つことができます。

ALCの熱伝導率はコンクリートの約1/10といわれています。

防音性が高い

ALC内部の気泡は熱を伝えにくいだけでなく、音を吸収する性質もあります。

そのため防音性に優れ、屋外の自動車や電車の騒音、上下階の生活音が室内に響くのを防ぎます。

なお、楽器の演奏がOKのマンション物件などは、ALC造であることが少なくなりません。

コンクリートより軽量

ALCには無数の気泡が含まれる多孔質であるため、コンクリートであるにも関わらず圧倒的に軽量です。

軽量の外壁材を使った建物は耐震性が高く、地震の揺れを軽減します。

さらに、軽量であるということは、施工時の作業のしやすさにもつながります。

ALC造のデメリット

ALC造のデメリットは以下のとおりです。

  • 水が侵入するとひび割れのおそれがある
  • つなぎ目が多いため雨が侵入しやすい
  • 他の壁材と比べて価格が高い

それぞれのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

水が侵入するとひび割れのおそれがある

ALCの多孔質は、水に弱いという最大のデメリットがあります。

壁材に水が侵入するとひび割れのリスクが高くなるため、定期的に外壁塗装とシーリング打ち替えといったメンテナンスが必要です。

つなぎ目が多いため雨が侵入しやすい

前述したように、ALC造の建物はALCパネルという板状の壁材をつなぎ合わせて設置していきます。

そのため、どうしてもつなぎ目ができ、そのつなぎ目の隙間から雨水が浸入してしまいます。

雨水の侵入は外壁の劣化につながるため、定期的にシーリングの打ち替えを行い、つなぎ目を完全に塞ぐ必要があります。

他の壁材と比べて価格が高い

ALCはメリットの多い壁材ですが、その分、他の壁材と比べても価格が高くなっています。

ただし、コンクリートと比べて軽量なため、工期が短縮されて人件費が抑えられるというメリットもあります。

まとめ

ALC造の特徴やメリット・デメリットについて解説しました。

ここで解説したようにALCはメリットの多い壁材で、水に弱いというデメリットも、定期的にメンテナンスを行えば50年以上も長持ちさせることもできます。

ALCのメンテナンスを依頼するときは、ALCの性質を熟知した施工業者を選びましょう。

「プロヌリ」は外壁・屋根塗装の見積もり比較、専門アドバイザーへの無料相談が可能です。

ぜひ理想の施工業者探しにお役立てください。

最安価格で外壁・屋根塗装を見積もり

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法 塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

外壁カテゴリの最新記事