窓サッシのリフォームにかかる費用は種類・グレード・工法で変わる!

窓サッシのリフォームにかかる費用は種類・グレード・工法で変わる!

「開け閉めがしづらくなった」「以前より窓サッシの結露が気になる」といったお悩みのある方は、窓サッシのリフォームを検討してみませんか?

窓サッシは建具の中でも長持ちしやすく、その耐用年数は20年から30年とされています。

しかし、住宅環境によっては耐用年数よりも早く劣化することがあり、早めに対策が必要です。

窓サッシをリフォームする工法には「カバー工法」と「はつり工法」の2種類あります。

今回は窓・サッシのリフォームにかかる費用や、2種類の工法について解説します。

窓ガラスの交換リフォームにかかる費用

窓ガラスのリフォームにかかる費用は、窓ガラスの本体価格×窓数+施工費で計算されます。

窓ガラスの本体価格はサイズやグレード、種類によって異なります。一般の住宅で使用される窓ガラスの大きさは、小窓(70cm×90cm)、腰高窓(120cm×170cm)、掃き出し窓(180cm×170cm)の3種類で、サイズが大きくなれば本体価格と作業費が高くなります。

窓ガラスのサイズ 窓ガラスの価格+施工費
小窓 フロートガラス:8,000円~9,000円
ペアガラス:2.8万円~3.6万円
防犯用強化ガラス:2万円~3.5万円
腰高窓 フロートガラス:9,000円~1万円
ペアガラス:3万円~5万円
防犯用強化ガラス:2.5万円~4万円
掃き出し窓 フロートガラス:1万円~1.1万円
ペアガラス:3.4万円~6.8万円
防犯用強化ガラス:3万円~6.5万円

窓サッシ・窓枠の交換リフォームにかかる費用

窓サッシ・窓枠の交換リフォームは、上記の窓ガラスを交換する費用に加え、窓サッシの本体価格+施工費用がかかります。

窓サッシの本体価格

窓サッシは材質によって細かくグレードが分かれており、選ぶサッシの種類によって費用が大きく変わります。

一般住宅で使用される窓サッシは、「アルミサッシ」「アルミ+樹脂複合サッシ」「オール樹脂サッシ」の3種類があります。

アルミサッシは断熱性と機密性が低く、冬場は結露が発生しやすいですが、3種類のうちもっとも安価です。

一方、オール樹脂サッシは断熱性と気密性がともに高く、冷暖房効率が高くなるというメリットがある一方、価格は高くなります。

アルミ+樹脂複合サッシは両者の良い部分を併せ持つサッシと言えます。

窓枠のリフォーム2種類の工法

窓枠を交換するリフォームには、「カバー工法」と「はつり工法」の2種類があります。

カバー工法|既存の窓枠の上から新しいサッシをかぶせる

カバー工法は、既存の窓枠の上から新しいサッシをかぶせる工法です。窓枠の撤去費用がかからないため、施工費用を抑えられるメリットがあります。

窓のサイズにもよりますが、カバー工法でリフォームする場合の費用は、8万円~12万円がめやすです。

ただし、既存の窓枠の上から枠を設けるため、開口部が一回り小さくなってしまいます。

はつり工法|窓サッシをすべて撤去して新しい窓サッシに交換する

はつり工法は、既存の窓枠をすべて撤去したうえで、新しい枠から作り直す工法です。

窓の周辺の壁を壊して再度作り直すという工程が必要となるため、リフォーム費用は25万円~30万円と、カバー工法よりも高額になります。

ただし、こちらは今の窓と同じ大きさのままリフォームすることが可能です。

まとめ

窓のリフォームにかかる費用は、窓やサッシの種類、グレード、工法によって異なることがおわかりいただけたかと思います。

さらに、どの業者に窓のリフォームを依頼したかによっても費用が変わってきます。

同じ工事内容でも、全国規模の大手リフォーム会社と、地域密着型の地元のリフォーム会社では、後者のほうが中間マージンが発生しない分、費用が安く抑えられます。

リフォーム業者を選ぶときは、複数の業者に見積もりを依頼して、費用やリフォームプランをしっかり比較検討しましょう。

最安価格で外壁・屋根塗装を見積もり

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法 塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

内装 床カテゴリの最新記事