フローリングのはがれ・へこみは自分で補修or専門業者に依頼?費用相場を解説

フローリングのはがれ・へこみは自分で補修or専門業者に依頼?費用相場を解説

日本の住宅の床材として人気のフローリングは、日常生活でもキズや凹みがつきやすいものです。また、最後に張り替えてから10年ほどが経過すると、床材を固定する接着剤が劣化してはがれが生じることもあります。

小さなキズや凹みであれば補修グッズを使って自分でも補修することができますが、広範囲にわたる場合や深刻なダメージがある場合は専門業者にリペアを依頼しましょう。

今回はフローリングを補修する方法や費用の相場をご紹介します。

フローリングを自分で補修するときの注意点

フローリングの小さなキズやへこみ程度であれば、専門業者に依頼するよりも自分で補修できる場合があります。

ホームセンターや通販サイトにはフローリングの補修に必要な道具が一式で販売されています。

たとえば、塗るだけでキズが目立たなくなる専用のクレヨンやマーカー、貼るだけのテープなどは、DIY初心者の方でも比較的簡単に補修できます。補修の方法は商品ページや動画サイトなどで確認しましょう。ただし、これらのグッズを使用する場合には、フローリングに塗ったり貼ったりしても違和感のない色味の商品を見つけることが大切です。

また、フローリングには「無垢フローリング」と「合板フローリング」の2種類があります。

合板フローリングは先ほど挙げたグッズで補修できますが、無垢フローリングはクレヨンやマーカーではなく、サンドペーパーで表面を削り、水を含ませてキズや凹みを補修する方法が有効です。

フローリングのキズの種類と補修の費用相場

フローリングのキズの種類と、その補修にかかる費用相場についてご紹介します。

フローリングのキズ

補修グッズの価格:1,500円~3,000円

専門業者に依頼する場合の費用相場:2万円~5万円

フローリングの補修でもっとも多いケースがスリキズ、ひっかきキズなどの補修です。

とくに合板フローリングの表面にキズがつくと、色の違う木材が見えてしまうので目立ってしまいます。

浅いキズであれば、ホームセンターや通販サイトなどで販売されているペンタイプやクレヨンタイプの補修グッズで簡単に補修できます。

キズ補修の手順は、まずペンやクレヨンでキズを目立たなくしたあと、木材の木目を色の濃いペンで描き足すという方法が一般的です。

自身で補修グッズを購入する場合は、先ほど解説したように、フローリングの木材の色味に合ったものを選びましょう。

キズが広範囲にわたる場合は専門業者に依頼しましょう。キズの度合いや広さによりますが、補修の費用は2万円~5万円が相場です。

フローリングのへこみ

補修グッズの価格:1,500円~3,000円

専門業者に依頼する場合の費用相場:2万円~4万円

家具をフローリングの上に直接置いていたりすると、知らない間に凹んでしまうことがあります。

無垢フローリングの凹みはその部分に濡らした布を置き、その上からアイロンやドライヤーをかけて熱で復元するという方法で補修できます。

一方、複合フローリングは熱により剥離を起こす場合があるので、無垢フローリングと同じ方法では補修できません。

自分で補修する場合は、ホームセンターや通販サイトなどで販売されている専用の補修グッズを使用しましょう。

凹みが広範囲にわたる場合は専門業者に依頼しましょう。凹みの度合いや広さによりますが、補修の費用は2万円~4万円が相場です。

フローリングのはがれ

補修グッズの価格:1,500円~3,000円

専門業者に依頼する場合の費用相場:4万円~5万円

フローリングを張り替えて数年が経過すると、踏むたびにギシギシという床鳴りが起こります。また床材とフローリングを固定する接着剤が経年劣化すると、板が剥がれて浮き上がってしまうことがあります。

床鳴りやフローリングの浮きを補修する場合は、ホームセンターや通販サイトなどで販売されている専用の接着剤を使用しましょう。フローリングを剥がさなくても接着剤を注入して補修することができます。

ただし、広い範囲にわたって剥がれていたり、深くまで破損していたりする場合は、専門業者に補修を依頼しましょう。補修の費用は4万円~5万円が相場です。

まとめ

フローリングの補修について解説しました。

フローリングのキズや凹みは素材が無垢材か、合板材かで補修の方法が異なることがあるため、自身で補修する場合は素材や色味、症状に合った補修グッズを選びましょう。

また、ダメージが広範囲にわたる場合や賃貸物件の場合、DIYで補修するよりも専門業者にリペアを依頼したほうが確実です。

関連記事:フローリングとはどんな床材か?複合材と無垢材の費用やメリット・デメリットを解説

火災保険を申請したことない方必見!

保険金が下りなかった場合や、調査の結果申請箇所が見つからなかった場合でも、料金は0円


四季彩ホームは、お家の火災保険申請をサポートしてもらい、保険金を受給していただき、その保険金を使って修理工事をする目的とした会社です。

内装 床カテゴリの最新記事