リフォームで間取りを変更するときにかかる費用の相場を解説

リフォームで間取りを変更するときにかかる費用の相場を解説

間取り変更リフォームは、部屋と部屋の間仕切りの壁を取り払って1つの広いスペースにつなげたり、逆に1つの部屋を間仕切りで2つの部屋にしたりすることです。

最近ではおしゃれなシステムキッチンを導入した際に、それぞれ別々だったキッチンとダイニングおよびリビングを1つにまとめるLDKのリフォームが人気を集めています。

今回はリフォームによって間取りを変更する際にかかる費用の相場や、リフォームの費用を抑えるポイントについて解説します。

リフォームで間取りを変更するときにかかる費用の相場

間取り変更の費用は、変更する箇所やリフォーム内容によっても大きく変わります。

間取り変更リフォームの内容 費用の相場
アコーディオンカーテンの設置 5万円~8万円
間仕切り壁の設置 5万円~20万円
間仕切り壁の解体・撤去 6万円~20万円
壁・扉(戸)の新設 15万円~30万円
ダイニング・キッチン・リビングをLDKに変更 100万円~300万円

上記の工事に加え、たとえば新しい部屋にエアコンを設置する場合は5万円~8万円、壁・天井のクロスを張り替える場合は1,000円~1,500円/㎡、和室と洋室を1つの部屋にする際に床材を畳からフローリングに変更する場合、1畳あたり2万円~6万円の費用がかかります。

スケルトン状態に戻してフルリノベーションする場合は、300万円~2,000万円がおおよその相場です。

リフォームで間取りを変更する費用を抑えるポイント

リフォームで間取り変更にかかる費用を抑えるポイントを解説します。

間仕切りをアコーディオンカーテンやパネルドアで代用する

間取り変更リフォームでは、子供が小学校~中学校に進学するタイミングで間仕切りを作って子供部屋にしたいというご依頼をいただきます。

もともと1部屋だったスペースに壁と扉を新設すると15万円~30万円の費用がかかりますが、アコーディオンカーテンやパネルドアで間仕切りすれば、リフォームの費用を10万円以上抑えることも可能です。

壁を新設した場合と比べると子供部屋のプライバシーは完全には守られないものの、子供の気配がわかる、親御さんの目が届くというメリットがあります。

電気・水道等の設備工事を避ける

キッチンの間取り変更に給排水工事や電気配線工事、排気ダクト工事などが必要となると、工期が長期におよぶだけでなく、リフォームの費用もかさんでしまいます。

たとえば、従来の壁付キッチンを独立型キッチンに変更する場合、キッチンの移動に伴って電気工事、配管接続工事が必要となり、追加で30万円~40万円の費用が発生します。

費用を抑えるのであれば、電気・水道の設備工事が必要となるキッチンの移動は避け、間取り変更のリフォームのみを行いましょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

リフォームには定価というものがないため、依頼する業者によってプランや費用が大きく変わる場合があります。

1社だけに見積もりを依頼するだけだと、その見積もり金額が相場どおりなのか、適正な価格なのかの判断ができません。

時間はかかりますが、なるべく3社ほどの業者に見積もりを依頼して比較検討するようにしましょう。

補助金制度を利用する

お住まいの市区町村が間取り変更リフォームを補助金制度の対象としている場合があります。

たとえば、埼玉県川越市の「川越市住宅改修補助金制度」では20万円以上の間取りの変更リフォームに対し、改修工事費用(税抜)の5%(千円未満切捨て)、限度額6万円まで補助金が交付されます。

補助金が交付されるのはリフォームが完了した後ですが、返済不要でかかった費用の一部が補助されるため、自治体のホームページ等で補助金制度を確認しましょう。

まとめ

間取り変更リフォームにかかる費用の相場や、費用を抑えるポイントについて解説しました。

ここまで見てきたように、間取りの変更は工事が大がかりになるケースが多く、費用も高額です。

間取り変更リフォームを行う場合はなるべく複数の業者に見積もりを依頼して、プランや費用を比較して納得できる業者に依頼しましょう。

お近くのリフォーム業者を探す際は、一括見積サイトなどを参考にされることをおすすめします。

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法

塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

内装 床カテゴリの最新記事