オフィスの内装をおしゃれに!なおかつ費用を抑えて工事するポイント

オフィスの内装をおしゃれに!なおかつ費用を抑えて工事するポイント

オフィスや事務所は毎日利用する場所だからこそ、内装にはこだわりたいものです。

洗練されたオフィスだと、仕事をするのも快適で楽しくなりますね。

しかし、スケジュールや予算と照らし合わせると、内装をおしゃれにする工事のコストにも限りがあります。

今回はオフィスの内装を「おしゃれ」かつ「コストダウン」で工事するポイントについて解説します。

オフィス内装の工事費用の相場

一般的に内装工事の費用は「坪単価」で計算され、「スケルトン物件」と「居抜き物件」で数十万円の差額が発生します。

それぞれの物件について費用相場や工事のポイントを確認してみましょう。

スケルトンの内装にかかる工事費用の相場

スケルトン物件の内装工事の費用相場:20万円〜40万円/坪単価

スケルトン物件とは原状回復が施されて床・壁・天井の基礎部分のみの物件で、いわゆる「コンクリート打ちっぱなし」の状態を指します。

何もない状態からオフィス内のレイアウトを自由に決めることができるため、「内装をおしゃれにしたい」という希望に沿った物件と言えるでしょう。

ただし、空調設備・電気設備・ガス設備・排水設備などを一からすべて整えなくてはなりません。

スケルトン物件はおしゃれ満足度の高いオフィスが実現できるものの、こだわりすぎると内装工事にかかるコストや手間がかかります。

したがって、開業までのスケジュールや希望と予算のバランスをよく検討する必要があります。

居抜き物件の内装にかかる工事費用の相場

居抜き物件の内装工事の費用相場:15万円〜35万円/坪単価

居抜き物件とは前の入居者の各種設備、内装のレイアウトがそのまま残された状態の物件です。

設備や家具などをそのまま使用することができるため、スケルトン物件と比べて内装工事のコストが抑えられ、開業までの時間を大幅に短縮することが可能です。

一方で、家賃の中に各種設備の使用料が含まれ、その所有権は物件のオーナーにあります。

借主の判断で勝手に撤去したり、売却したりすることができません。

居抜き物件は内装工事を含めた初期費用を大幅に抑えることができますが、すでに設備や内装がある状態からのスタートなので、スケルトン物件に比べるとおしゃれの自由度は低くなってしまいます。

「おしゃれ」と「コストダウン」は両立できる

スケルトン物件と居抜き物件では、おしゃれを優先するか、コストを優先するかで一長一短あります。

では、おしゃれとコストダウンは両立できないかと言えばそうではなく、工夫次第でコストを抑えておしゃれな内装のオフィスを作ることが可能です。

簡単な工事はDIYで行う

空調設備や電気配線といったプロに依頼すべき工事を除き、内装工事の一部をDIYで済ませると費用を抑えつつおしゃれな内装を実現することができます。

たとえば、壁紙や塗装は素材やカラーを自由に選択できるので、DIYでも理想通りの内装に仕上がります。

自分たちで工事できない部分のみプロに依頼すれば、コストを大幅に削減することができます。

使用素材のグレードを下げる

オフィス内装に使用する素材のグレードを下げることでもコストカットが可能です。

たとえば、オフィスに配置するチェアの素材を革素材からメッシュ素材に替えてグレードを抑えれば、1つ1つの価格の差額が最終的に大きなコストカットにつがります。

他にも、デザイナーズブランドの家具から大量生産の家具に替えるなどの方法も有効です。

複数の業者に相見積もりを依頼する

内装工事の費用を抑えるためには、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討する「相見積もり」が鉄則です。

また、他の業者の見積書は工事費用の交渉にも役立つため、3社程度の業者の見積もりを見比べて慎重に業者を選びましょう。

業者を探す際は一括で比較できるサイトの利用もおすすめです。

まとめ

快適に仕事ができる空間を作るためにはこだわりも大切ですが、オフィス開業という絶対的なスケジュールに合わせて、内装デザインや工事費用・工事期間を検討しなければなりません。

今回ご紹介した「おしゃれ」と「コストダウン」を両立するポイントを抑え、失敗のない物件選び、業者選びをしましょう。

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法

塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

内装 床カテゴリの最新記事