フローリングのリフォーム費用は「部屋の広さ」「素材」「工法」「元の床材」で変わる

フローリングのリフォーム費用は「部屋の広さ」「素材」「工法」「元の床材」で変わる

お部屋の床材をフローリングに張り替えるリフォームをする場合、どれくらいの費用がかかるものでしょうか?

まず、費用が変わる要素として挙げられるのが、「部屋の広さ」です。

部屋が広いほど、フローリングや下地材の材料費がかかります。

さらに、「(フローリング)の素材」・「工法」・「元の床材」も、費用が変動する大事な要素です。

今回はフローリングのリフォーム費用を決める要素について解説します。

フローリングのリフォーム2つの工法

フローリングのリフォームには、「張り替え工法」と「重ね張り工法」の2つがあります。

どちらの工法を選べば良いかは、床材の種類や下地の状態によって変わります。

張り替え工法

張り替え工法では、既存の床材をすべて撤去してから、新しい床材を張り直します。

畳からフローリングなど、これまでと違う全く新しい床材を張ることが可能で、加えて下地の状態を確認できるため、シロアリ被害や腐食などがあれば、張替えと合わせて対処できます。

ただし、床材を撤去する手間や、廃棄する費用などがかかるため、費用は高くなってしまいます。

床材を張り替えてから10年以上経っている場合や、歩くときに床がきしむ音がするほどの状態のときは、張替え工法がおすすめです。

重ね張り工法

「重ね張り工法」は、既存の床材を残したまま、上から新しい床材を重ねて張る工法です。

下地や既存の床があまり劣化していないときに有効で、張り替え工法のように既存の床材を撤去する必要がないため、工事の手間やコストを抑えることができます。

ただし、既存の床材の上から重ねて張ることから、床に段差ができてしまいます。

重ね張りで床をリフォームする際は、ドアの開閉などに支障がないか確認しましょう。

フローリングの「無垢材」と「合板材」

フローリングに使用される木材には、天然木の「無垢材」と、複数の木材を重ねた「合板材」があります。

無垢材フローリング

無垢材フローリングは、オーク、パイン、ヒノキなど、丸太から切り出したままの天然木を使用した床材です。

天然木ならではの踏み心地や温かみが感じられ、室内の湿度を調節する調湿効果があります。

材料費+施工費で1平米あたり1万3,000~2万7,000円が相場で、木材の種類、木目、節の有無によって変動します。

合板材フローリング

合板材とは、複数の木材を接着剤で張り合わせた合板の上に、天然木の化粧材を張りつけた床材のことです。

複合材フローリングは、化粧材によって「挽き板」と「突き板」と「シート」の3つのグレードに分けられます。

材料費+施工費で1平米あたり7,000~2万円が相場で、価格帯はグレード、板の厚み、仕上げ方法などで変動します。

フローリングのリフォーム費用は「元の床材」がポイント!

フローリングの張り替え費用は、既存の床材の張り替えの手間や工法で異なります。

ここでは、フローリングの張り替えでよく依頼される3つのパターンについて、6畳の部屋を例に解説します。

フローリングからフローリングへ

工法/フローリング材 無垢材フローリング 合板材フローリング
張り替え 戸建:16~19.2万円

マンション:20.3~24万円

戸建:15.5~17.5万円

マンション:18~22.5万円

重ね張り 戸建:11~14万円

マンション:15.5~18万円

戸建:10~12.5万円

マンション:11.2~14万円

既存のフローリングから新しいフローリングへリフォームする場合、工法によって費用が変わります。

最後にフローリングを張り替えてから10年以内であれば、張り替えに比べて安く施工できる重ね張りがおすすめです。

例えば、戸建・6畳で合板材フローリングを重ね張りをする場合、費用相場は10~12.5万円が目安となります。

畳からフローリングへ

工法/フローリング材 無垢材フローリング 合板材フローリング
張り替え 戸建:16~19.2万円

マンション:20.3~24万円

戸建:15.5~17.5万円

マンション:20~22.5万円

重ね張り 不可 不可

畳からフローリングへリフォームする際は、必ず張り替えをする必要があります。

畳を撤去する作業自体に大した手間はかかりませんが、産業廃棄物扱いとなるため、1畳あたり平均1,000〜2,000円ほどの処理費用がかかります。

さらに、畳を撤去した分、床の厚みが変わるため、下地を底上げする作業が必要で、下地用の木材の材料費と施工費がかかります。

戸建・6畳の部屋を畳から合板材フローリングに張り替えする場合、費用相場は10~12.5万円が目安となります。

カーペットやクッションフロアからフローリングへ

工法/フローリング材 無垢材フローリング 合板材フローリング
張り替え 戸建:9~12万円

マンション:13~17万円

戸建:8.3~10.5万円

マンション:12.6~15.3万円

重ね張り 不可 不可

カーペットやクッションフロアは、簡単に剥がしてフローリングに張り替えできます。

戸建・6畳のカーペット(クッションフロア)の部屋を合板材フローリングに張り替えする場合、費用相場は8万~10.5万円が目安です。

まとめ

フローリングのリフォーム費用は、フローリングの素材、元の床材、張り替え工法によって大きく変わります。

費用を安く押さえて、なおかつ満足度の高いリフォームは、実績豊富な地域密着型の施工業者がおすすめです。

過去の施工実績や口コミ評判などを参考に、予算や希望に合ったリフォームをしてくれる業者を選びましょう。

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法

塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

内装 床カテゴリの最新記事