外壁タイルに塗装は不要?メンテナンスと費用相場

外壁タイルに塗装は不要?メンテナンスと費用相場

タイル外壁は初期費用こそ高額なものの、耐久性とメンテナンス性に優れた外壁素材です。

「タイルはメンテナンスフリーじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、定期的にメンテナンスを施すことにより、いつまでも新築のような美観を保つことができます。

今回はタイルの定期メンテナンスが必要なタイミングや、メンテナンスの方法について解説していきます。

外壁タイルは定期的なメンテナンスが必要

タイル外壁はモルタルやサイディングといった他の外壁素材と比べて初期費用が高い分、耐久性と高級感に優れ、変形や変色、劣化も起こりにくい外壁素材です。無機質素材のタイルは劣化しないため、タイル部分の塗装は必要ありません。

しかし、いくら耐久性が高いとは言え、タイル外壁は一切のメンテナンスが不要な「メンテナンスフリー」ではなく、タイルの目地の傷み、タイルの剥離や損傷が発生したら補修が必要となります。

タイル外壁の美観を継続するためにも、メンテナンスのタイミングで外壁洗浄と目地のコーキング、保護塗装の実施をおすすめします。

外壁タイルのメンテナンスが必要となる症状

外壁タイルは10年に1度の定期メンテナンスが必要とされています。次のような症状が見られる場合は、ただちにメンテナンスを実施しましょう。

目地の傷み

タイルの継ぎ目である目地はタイルそのものよりも劣化が早く、補修をしないとタイルにヒビが入ったり、建物内に雨水が侵入したりします。また、経年だけでなく、紫外線や風雨によっても劣化します。

外壁タイルの目地材は主にモルタルとコーキングの2種類です。軽いひび割れ程度であれば目地材を使用して自分で補修も可能です。劣化がひどい場合は専門業者に依頼して、目地の打ち替えや打ち増しを行う必要があります。

タイルの損傷

タイルが外部から強い衝撃を受けたことで欠けたり、ひび割れたりすることがあります。放置していると損傷部分から内部へと雨水が入ってしまい、タイルが剥離する原因となってしまうため、早急な処置が必要となります。

タイルの損傷を補修するには、欠けたり割れたりしているタイルを剥がして新しいタイルへ張り替えます。タイルのストックがあればそれを使用しますが、同じものが無い場合はホームセンターなどでデザインの似ているタイルを買ってきて代用しましょう。

タイルの剥離

外壁タイルは経年や地震の揺れで接着力が弱くなると、下地から浮いてきて剥がれ落ちてしまうことがあります。

完全に剥離せずにタイルが下地から浮いた状態であれば、目地に穴を開け、そこからモルタルとタイルの接着剤であるエポキシ樹脂を注入します。完全に剥離している場合は張付け直す必要があります。確実に補修するなら専門業者に依頼しましょう。

外壁タイルのメンテナンスの方法と費用相場

10年に1度の外壁タイルの定期メンテナンスでは、タイルの高圧洗浄と目地であるコーキングの補修を行います。外壁塗装会社に外壁タイルのメンテナンスを依頼すると、以下に挙げる工程を提案される場合があります。

高圧洗浄

外壁塗装業者の強力な高圧洗浄機を使い、タイルや目地に付着している汚れを削り取るようにして洗浄します。

作業時間は約7~8時間かかるため、高圧洗浄の作業予定を組む際は丸1日取ることになります。洗浄後は完全に乾燥するまでに、約24~48時間かかります。

高圧洗浄の費用は1平米あたり約100~300円が相場です。ただし、洗浄に使う水は施主の家の水道を使用するため、洗浄の費用と別に水道代がかかります。

バイオ洗浄

苔やカビなど高圧洗浄だけでは汚れが落ちそうにない場合は、植物性の洗剤を使用したバイオ洗浄が提案されることもあります。バイオ洗浄では苔やカビの菌そのものを分解・除去するため再発生を防ぐことができます。

バイオ洗浄の作業工程は、いったん外壁を高圧洗浄で濡らした後、均一に洗剤を散布してから約5~10分間浸透させた後、汚れを浮かせます。再び高圧洗浄で洗剤を洗い流して完了です。

バイオ洗浄は高圧洗浄よりも費用が高くなり、1平米あたり約250~500円が相場です。

コーキング補修

目地に使用されているコーキングの補修方法は、既存のコーキング材の上に新しくコーキング材を足す「増し打ち」と、すべてのコーキング材を剥がして充填する「打ち替え」の2種類があります。

増し打ちは1mあたり約500~700円、打ち替えは1mあたり約900~1,200円が費用相場です。打ち替えの場合は古いコーキング材を剥がす工程がプラスされるため、撤去費用として1メートルあたり約400~500円増しとなります。

高圧洗浄とコーキング補修を行った場合、一般的な30坪の戸建てで約42万~79万円が相場です。

タイルに塗装を提案する業者には要注意!

タイル外壁は定期メンテナンスが必要ですが、塗り直しの塗装は必要ありません。次のような提案をする業者には注意しましょう。

タイルのツヤ出し

外壁タイルのツヤ出しを目的として、外壁塗装業者からクリヤー塗装を提案される倍があります。

クリヤー塗装は外壁サイディングの雰囲気そのままに、耐久性を高めてチョーキングという塗装の劣化を防ぎつつ、ツヤ出しをする塗装のことです。

タイルにクリヤー塗料を塗っても、タイル自体の耐久性や防水性を向上させる効果はないため、塗装を行う必要はありません。

色付き塗装

色が付く塗料を使用した塗装は外壁のデザインを変えたり、耐久性を高めたりする目的で行います。

外壁タイルに色付き塗装をすると、せっかくのタイルの風合いが損なわれるだけでなく、塗装することによってチョーキングや色あせといった劣化症状を引き起こすため、ムダな再塗装が必要になります。

どうしても外壁タイルのデザインが気に入らない、自分の好みに変えたいという要望が無い限りは、色付き塗装をするメリットがありません。

まとめ

外壁タイルのメンテナンスや塗装について解説しました。

メンテナンスを実施する際は複数の業者に見積もりを依頼し、現地調査を受けたうえで比較検討することが重要です。

タイルはメンテナンスフリーと言われることの多い外壁素材ですが、10年ごとのメンテナンスは必要です。外壁の美観を保ちつつ長持ちさせるためにも、メンテナンスは優良な専門業者に依頼しましょう。

 

▼関連記事

外壁タイルのメリット・デメリットとメンテナンス方法

 

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法

塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

外壁カテゴリの最新記事