外壁に生えたコケの落とし方2選!原因も紹介

外壁に生えたコケの落とし方2選!原因も紹介

「家の外壁に広がる緑色のコケが気持ち悪い…」

「どうやって、コケを落とせば良いのか知りたい!」

毎日通る度に目にするからこそ、自宅の外観は綺麗に保ちたいものですよね。

 

この記事では外壁に生えたコケの落とし方を紹介します。

併せて、コケが生える原因や環境についても紹介するので、参考にしてみてください。

コケができる原因とメカニズム

まず、なぜコケが外壁に生えてくるのでしょうか?

そもそも、コケとは岩や地表に這って成長する植物で、一定の条件下で、外壁や屋根にも繁殖します。

外壁にコケが生える原因は「植物の胞子」です。外壁に付着した胞子が水分を得て成長していき、ひどい時には壁一面を緑色のコケが覆うこともあります。

コケは緑色なので、繁殖し始めると、すぐに見つけることができるでしょう。

コケが発生しやすい場所

植物や川が身近にある自然豊かな地域では、コケの原因となる胞子が外壁にくっつきやすく、コケの発生率が高くなります。都会であっても、家の近くに川や池、豊かな自然があったら要注意。また、湿気の高い地域もコケが生えやすいといえます。

 

外壁において、コケは水を養分にするため、空気が淀んでジメジメしているところ、風通しの悪いところ、日当たりの悪い面によく発生します。特に北面は外壁が乾燥しにくく、コケが生えやすい場所です。

また、庭や植木等植物が外壁の近くにあると、胞子がくっつきやすくなります。

その他、外壁から出ている通気口や窓の桟等は、流れ落ちてくる水が溜まりやすく、緑色のコケが繁殖しているのをよく見かけます。

コケができやすい素材

外壁の素材によってもコケの発生率は変わります。

サイディングやモルタルなど、外壁の表面が凸凹していると、水分が残って湿ったままになり、コケの発生を誘発します。また、以前の塗装から時間が経ち、塗膜がはがれた外壁も、コケが繁殖しやすくなります。

 

これらの諸要素が組み合わさり、コケは容赦なく外壁に生え広がります。外壁に緑色のコケが広がると、美観が著しく損なわれるばかりか、表面が常に湿ったままになり、外壁のダメージも大きくなりますので、早急な対処が必要です。

次の章では、具体的にコケを落とす方法を見ていきます。

コケの落とし方

この章では、しぶとく繁殖するコケの落とし方を紹介します!

コケの落とし方は大きく分けると「自分でやる」か「業者に依頼する」の2つです。

自分でやれば安く早くコケを除去できますが、業者に依頼すればお金がかかる分、自分ではできないところまでしっかりとコケを落としてくれます。

両者のメリット・デメリットを踏まえて、選択すると良いでしょう。

自分でやる

コケの程度がひどくなければ、自分でやるのがおすすめです。

使う道具は全て市販で揃う上、手や道具の届く範囲なら技術もいらず、誰でも簡単にコケを落とすことができます。

コケ取りに使う道具

まず、以下の道具をそろえましょう。

 

・家庭用洗剤かコケ取り用スプレー

・マスク

・ゴム手袋

・バケツ

・ホース

・ブラシ

・雑巾

・柄の長いモップ(高いところを洗浄する場合)

 

コケを落とすには、家庭用洗剤かコケ取り用スプレーを使います。

家庭用洗剤は、キッチン用ハイター・カビキラーなど塩素系の洗剤を選びましょう。高いものでも大体400円前後で購入できます。塩素はコケを分解してくれるため、塗装屋によっては次亜塩素酸を高圧洗浄に混ぜてコケ取りをすることもあります。

また、コケ取り用スプレーは家庭用洗剤の約2倍程度の値段ですが、スプレーして放置するだけでコケがきれいに取れる優れものです。予算と相談して選びましょう。

 

掃除の手順

カビキラーとハイターを例に挙げて、それぞれの掃除の手順を説明します。

カビキラーの場合、コケにスプレーを吹きつけ、濡れた雑巾やブラシでこすります。この際、外壁の表面の意匠や塗装、壁面そのものを傷つけないよう、柔らかいタッチでこすりましょう。ブラシは毛先が柔らかいものがおすすめです。

コケが落ちるまでこれを繰り返します。きれいになったら、ホースやバケツで外壁を洗い流し、洗剤が残らないようにしましょう。

ハイターの場合、バケツにキャップ一杯分のハイターを入れてハイター液を作ります。次に、液に浸けて絞った雑巾でコケをこすります。この際、ハイターが手につくと皮膚に害が出るため、必ずゴム手袋を着用しましょう。こちらもきれいになったら最後に外壁を水で洗い流します。

高いところのコケを落とす場合、脚立は危ないのでロングモップなどを使用しましょう。

手の届く範囲であれば、軽度のコケはこれでほとんど除去できます。

 

自分で高圧洗浄機を購入するのはあり?

業者が使っているような高圧洗浄機を購入すれば、手の届かない高所に生えているコケや重度のコケも自分できれいに除去することができます。

ただし、高圧洗浄機は水の勢いが強いので、出力を強くすると外壁そのものを痛めてしまうこともあります。

また、エンジン音が響くため、隣近所に騒音の迷惑をかけてしまう可能性も。敷地が狭ければ、操作を誤って隣の家の外壁を傷つけかねません。

扱いが難しいので、使用する際には十分に注意を払いましょう。

高圧洗浄機は安いもので1万円ほどから購入できます。高いと思うのであれば、1日3000円ほどで借りられるレンタルがおすすめです。

 

▼関連記事

高圧洗浄って外壁塗装に必要?知っておきたい費用、水道代のこと

 

業者に依頼

自分でやっても落ちない重度のコケや、モップの届かない高所のコケを除去するには、業者に依頼するのがベストです。業者はプロで経験豊富なので、高圧洗浄機を使ってきれいにコケを取り除いてくれます。

さらに、コケを根本から除去できるバイオ洗浄であれば、高圧洗浄より値段が上がる分、定期的な点検や手入れといった手間を少なくすることができます。ただし、業者は自分でやるのに比べ、どうしても料金が高くなってしまうデメリットがあります。

業者に依頼するのであれば、納得できる価格で施工してくれる業者を選びましょう。

 

まとめ

以上、外壁にコケが生える原因と落とし方について見てきました。手が届く範囲のコケであれば、十分自分でも落とせます。「自分で対処できなそう」と思うのであれば、業者への依頼を検討してみるといいでしょう。

また、コケは除去するだけでなく、再発を防ぐのも大事な要素です。コケは驚くほど生命力が強いので、除去しても何度も何度も生えてきます。それに対処する私たちの側にもきちんとした対策が必要です。

コケの発生範囲が広く、定期的な手入れで対処しきれないのであれば、塗装や外壁の変更など、抜本的な解決を試みましょう。

全国500社の優良塗装業者の見積もりを複数比較する方法

塗装工事は高額なため、1社の見積もりですぐに契約してしまうのは非常に危険です。


プロヌリなら、全国500社の優良塗装業者の中から、お客様にピッタリのお近くの塗装業者をご希望数に合わせてご紹介してもらうことができます。手間なく比較検討をして安心して塗装を依頼しましょう。

外壁カテゴリの最新記事